さいせいケアプランセンター

介護の知識を幅広くもったケアマネジャーが本人に適した介護サービス計画の作成を致します。

ケアプランイメージ

利用者様やそのご家族が、安心して生活を送れるように、心身の状況や生活環境を踏まえ、どのようなサービスが必要なのかを把握してご本人・ご家族の意向に合わせケアプランをたて、利用者様が適切なサービスを受けられるように事業者や自治体に連絡や調整を行います。

介護サービスの利用には申請が必要です

介護サービスを利用するには、「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。

申 請

区役所の介護保険担当窓口で申請します。

65歳以上の方

申請に必要なもの

要介護・要支援認定書
(区役所の介護保険担当窓口にあります)
介護保険被保険者証

医療保険に加入している
40~65歳以上の方

申請に必要なもの

要介護・要支援認定書
(区役所の介護保険担当窓口にあります)
加入している医療保険の被保険者証
※更新時は介護保険の被保険者証も必要となります。

申請書には主治医を記入する欄があります。あらかじめ主治医の氏名・病院名・連絡先などを確認しておきましょう。
お住まいの区役所の介護保険担当窓口へ申請
申請はご本人・ご家族様で行うこともできますが、当社が代行することもできます。

要介護認定

介護が必要かどうか、どのくらい必要かを判断するための審査・判定が行われ、市が認定します。

    審査認定の流れ

  • 訪問調査
  • 調査員が自宅を訪問し、全国共通の調査項目について、本人や家族から聞き取り調査を行います。

  • 一次判定
  • 調査票の結果等をコンピューターに入力して一次判定を行います。

  • 二次判定
  • 一次判定の結果や主治医の意見書などをもとに介護認定審査会が総合的に審査・判定します。

  • 認定結果の通知・介護保険被保険者証の交付
  • 申請から30日以内をめどに、認定結果通知書と介護保険被保険者証が届きます。

ケアプランの作成からサービス利用まで

要介護1~5と認定された方で、自宅を中心としたサービスを希望する方は居宅介護支援事業者に、施設への入所を希望する方は介護保険施設に連絡します。また、要支援1・2と認定された方および介護予防・生活支援サービス事業対象者は地域包括支援センターに連絡します。

要介護1~5の方

  • 自宅で暮らしながら
    サービスを利用したい
  • ①居宅介護支援事業所に連絡します

    認定結果通知に同封の事業所一覧などのなかから居宅介護支援事業者(ケアマネジャーを配置しているサービス事業所)を選び、連絡します。

    担当のケアマネジャーが決まります。

    介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼したことを区役所地域福祉課へ届け出ます。

  • ②ケアプランを作成します

    担当のケアマネジャーと相談しながらケアプランを作成します。なお、ケアプランは自分で作成することができます。

  • ③サービスを利用します

    サービス事業者と契約します。

    ケアプランにそって介護サービスを利用します。

  • 介護保険施設へ
    入所したい
  • ①介護保険施設に連絡します

    入所前に見学するなどサービス内容や利用料について検討した上で、施設に直接申し込みます。

  • ②ケアプランを作成します

    入所する施設のケアマネジャーを相談しながらケアプランを作成します。

  • ③サービスを利用します

    ケアプランにそって介護保険の施設サービスを利用します。

  • 要支援1・2の方
  • 介護予防・生活支援
    サービス事業対象者
  • ①地域包括支援センターに連絡します

    地域包括支援センターに連絡、相談します。

    介護予防サービス計画の作成を依頼したことを区役所地域福祉課に届け出ます。

  • ②職員に希望を伝えます

    家族や地域包括支援センターの職員と、これからどのような生活を希望するのかなどについて話し合います。

  • ③介護予防ケアプランを作成します

    地域包括支援センターの職員と相談しながら介護予防ケアプランを作成します。なお、訪問型サービス・通所型サービスを利用しない場合は、介護予防ケアプランを自分で作成することができます。

  • ④サービスを利用します

    サービス事業者と契約します。

    介護予防ケアプランにそって介護予防サービスおよび介護予防・生活支援サービス事業を利用します。

  • ④サービスを利用します

    サービス事業者と契約します。

    ケアプランにそって介護予防・生活支援サービス事業を利用します。